営業案内2021年10月25日 09:50



なめこあんかけうどん2021年10月24日 12:38


25日からは規制なくなりますヽ(=´▽`=)ノ


本日の日替わり料理は・・・


なめこあんかけうどん(醤油味・カレー味) 680円


やみつきにんにくえのき 180円


ブロッコリーのミモザサラダ 250円


それと、咲々餃子は当面月曜と火曜がお休みなので・・・


焼餃子・生餃子を買っておくなら今日ですよ~(^з^)-☆



ここからは『サクシネマ』です。

オランダの偉大なる鬼才ポール・バーホーベン監督の大出世作です。


『ロボコップ』(1987年)


2014年にはリメイクもされましたが、


オリジナルの方が、圧倒的におもしろいです。


舞台は近未来のアメリカ、デトロイト。無法地帯たる犯罪タウンになってしまっているデトロイトで、ロボット警官=ロボコップが試験的に採用されます。


当初は完全なロボットを予定していたのですが、暴走してしまい、アンドロイドの警官をつくります。


ロボコップになったのはマーフィー巡査で、悪者たちに半殺しにされてしまったのを、頭部と一部の肉体以外はロボコップに体を移植したのです。





その際、マーフィーの脳から記憶を消し、彼の個人情報はないまま、ロボコップにしてしまいます。そしてマーフィーの家族には、彼は死んだと報告しました。


ロボコップはひとり(1機?)で、抜群の活躍を見せますが、あるときマーフィーは生前の夢を見たのをきっかけに、家族のことや、自身が殺されたときのことを思い出します。


ただの便利なロボット警官だったマーフィーが、人間としての心や感情を取り戻したことで、逆に苦しむようになりつつも、はびこる悪を退治していくところが見どころなのですが、

リメイクされた方では、人間として生存するのは不可能ですがロボコップになれば生き続けられるので、そうしませんか?と、奥さんに了承を取ってロボコップになります。


もちろん人間のときの記憶もあります。ですが、ロボコップとしての任務に邁進するあまり、徐々に人間らしさを失っていく・・・という、オリジナルとは逆パターンの流れにになるのがリメイク版です。


ぼくも久々にオリジナルを観て、リメイク版とくらべて楽しんでみましたので、皆さんもそうしてみるのも一興だと思います。


ところで、

ロボットの警官と言えば・・・


宇宙刑事ギャバン(1982年)や、
特捜ロボジャンパーソン(1993年)が、


日本ではおなじみです。とくに『ギャバン』はロボコップより2年も前に製作されていて、実際、『ロボコップ』を製作する際に、『ギャバン』サイドにデザインの許可などを取ったそうです。


ぼくは『ギャバン』の放送時にはもう中学生だったので、テレビでこれを見たことがなく、なので、『ロボコップ』を観たときに、

〈これは『ギャバン』に似ている!〉

とは思いませんでした。ですが、こう思いました。

〈これは『ロボット刑事K』に似ている!〉と。

『ロボット刑事K』とは1973年に放送されていたテレビドラマで、それは・・・


ハンチングに赤いジャヶット姿のロボット刑事で、


闘うときには・・・


衣服は脱ぎ捨てます。


っていうか、服着る必要ある?と思いますし、ハンチング帽はとくにそう思います(笑)


家で書き物をするK。


これも、ロボットなんだからメモらなくても頭脳にインプットしろよだし、ツッコミどころ満載なロボット刑事だったのですが、これはこれでまだ幼かったサクサク少年の記憶にインパクトを残したものです。


ロボット警官・・・

近い将来、実現しそうじゃないですか?

そんなことを想像しつつ『ロボコップ』を観ると、さらにおもしろさが倍増しますよ(^o^)

白菜や里芋などいろんな野菜のごった煮2021年10月23日 13:37


25日からは規制なくなりますヽ(=´▽`=)ノ


本日の日替わり料理は・・・


白菜や里芋などいろんな野菜のごった煮 300円


焼きうどん(ソース味) 500円


焼きうどん(醤油味) 500円


今宵も楽しい夜になることを祈りつつ、スタンバッてますので~♪



え~

秋のドラマが続々放送中ですが、アナタのお気に入りはどれですか?

ぼくのお気に入りは、コレ↓です。


『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』


これが相関図なのですが、


喧嘩ばかりしているヤンキーの黒革森生(杉野遥亮さん)が弱視の赤座ユキコ(杉咲花さん)に恋をして、最初は、ヤンキーなんて・・・と敬遠していたユキコも、黒川の無骨なやさしさに心をひらいていく・・・という、まあ、ベタな恋愛ドラマです。


いい歳をしたおっさんがこんなティーンエイジャーがターゲットのドラマを気に入ってるのは、かなりお恥ずかしい(#´Д`#)のですが、ベタでわかりやすい展開が、なんともいいのです。


そして、番組を通じて、視力障害のある方々のご苦労や、我々健常者がそういう方へどう気遣っていけばいいかが、自然と学べるようになっているのもGOODなんです。


あまりにベタなので、今後の展開ももうなんとなくわかってしまうのですが、それでもぼくはこのドラマを楽しみにしてしまいます。というのも、この映画↓で初めて杉咲花さんの演技を観て以来、その存在感や空気感に圧倒されているからです。


『トイレのピエタ』(2015年)


ところで、

『ヤンキー君と白杖ガール』から《ヤンキー》という言葉について、ちょっと語りたいのですが、

日本では《ヤンキー》=《不良》ですが、そもそも英語でいう《Yankee》とは、《アメリカ北東部に住む白人》や、単純に《アメリカ人》のことを意味します。《不良》のことではありません(笑)


ですので、この有名な野球チームは、


《ニューヨークのアメリカ人》という、ニューヨークへの誇りを意味するチーム名であり、決して《ニューヨークの不良達》という意味ではありません(*´艸`*)


では、どうして日本では不良のことをヤンキーと呼ぶようになったのかというと、不良が髪を金髪にしたり、アメリカを連想させるような服装をしているのを、《ヤンキー(アメリカ人)かぶれ》と言ったりしていたので、その流れからなのかもしれません。


ちなみに、不良のことを《ヤンキー》と呼ぶ前は《ツッパリ》と呼んでいました。まさにぼくの思春期は《ツッパリ》時代で・・・


こんなバンドや、


こんなマンガが流行ってました。


とっても懐かしいです(*´ー`)

アボカドの浅漬け2021年10月22日 11:32


25日からは規制なくなりますヽ(=´▽`=)ノ


本日の日替わり料理は・・・


アボカドの浅漬け ハーフ180円
        丸ごと1330円


あとは今日も寒いので・・・


おでん大根&玉子 120円
      両方だと220円


えのきと豚肉の汁うどん 600円


これらの日替わり料理以外にも、あったかい料理はたくさんありますので、ぜひご来店くださいm(_ _)m



ここからは『サクシネマ』です。

ブラジルの映画で、ブラジルでは知らない人はいないぐらいの人気デュオの・・・


ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノが、


スターになるまでの伝記映画が、今回ご紹介する・・・


『フランシスコの2人の息子』(2005年)です。


フランシスコはブラジルの農家の小作人なのですが、まあ貧しい暮らしだというのに・・・


じゃんじゃん子供をつくっちゃうんです(^_^;)


2人の息子どころか、息子は5人います。

フランシスコは音楽が大好きで(と言っても、自身にその素養はありません)、息子に音楽をやらせようと、なけなしのお金で、


アコーディオンを買って来ます。


でも、自分は教えられませんので、道端で弾いている人を見させてそれで覚えさせようとしたりします(無茶苦茶です)。


一家は貧しく食べる物もあまりなく、家族はみんなひもじい思いをしています。家はボロボロで、地面に敷いたゴザの上で寝ているような始末です。


まだ幼い娘が「お腹がすいた」と言っても、まだ乳飲み子をおんぶしたような状態の母親は、「寝ちゃえばだいじょうぶよ。お腹がすいてることも忘れるわ」と娘に言うしかなく、母親はあまりの情けなさに涙を流したりもします。


それもこれも父親が行き当たりばったりで計画性がないからなのですが(だからじゃんじゃん子供も作ってしまうのですけど)、一家のあまりの窮状を見かねた長男は、次男を誘って・・・


レストランで歌ってみると・・・


ふたりのハーモニーが見事で、けっこうお金を稼ぐことができました。


ということで、しばらくはそうして一家の家計を助けていたのですが、それを見た個人事務所の芸能ブローカーに声をかけられ、父親は息子たちをスターにしたいがために、そのブローカーのこともろくすっぽ調べずに、ふたりを預けてしまいます。


結果・、悲しい出来事が起こってしまうのですが、最終的には兄弟はゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノとして大成功を収めます。


映画の後半に本人たちと家族の映像もありますし、家族のことを歌ったうたも流れます(これがとても感動的なうたなのです)。


映画のラストで、本人たちがかつての生家を見に行き、「ここでのことは一生忘れない。人生で一番最高のときだった」と語る映像があります。


どんなに栄光とお金を手にしても、人生の最高の出来事は成功を夢見て努力していたときであり、家族と過ごした日々や場所であるわけです。涙を流しながら、しみじみ思いました。


何もなくても、家族がいて、夢があれば、それが最高のときであり、最高の場所・・・。


アナタの最高のとき最高の場所は、いつであり、どこですか(*´ー`)

大根と水菜の選べるドレッシングサラダ2021年10月21日 13:10


25日からは規制なくなりそうですヽ(=´▽`=)ノ


本日の日替わり料理は・・・


大根と水菜の選べるドレッシングサラダ 300円


えのきのカルボナーラ 350円
 ※お得なWサイズは 500円


今宵も元気にがんばります!(^o^)V



ここからは『サクシネマ』です。


こういう絵を描くカナダの画家モード・ルイス(故1970年)の半生を描いた映画を観ました。


『しあわせの絵の具 
  愛を描く人 モード・ルイス』(2018年)


カナダで生まれ育ったモード・ルイスは、幼少期に患った若年性関節リウマチの影響で、体が不自由でした。


モードが30代のときに両親が高いしてからは、兄や叔母の世話になって生活している彼女でしたが、ふたりからはお荷物扱いされ、外出することすら嫌な顔をされて窮屈な日々を送っていました。


そんな折、お店の掲示板に貼られた家政婦募集の貼り紙を見たモードは、叔母から逃れて自由になるために、町はずれの電気も通っていない小屋に住む魚の行商人のエベットを訪ねます。


エベットの小屋で住み込みで働くことになったモードですが、エベットはぶっきらぼうなうえ俺様気質で、モードにつらくあたりました。ですが、エベットにはもう帰る家はありません。がんばるほかないのです。といっても、リウマチのため、すべての家事ができるわけでもないのが実情でした。


そんなモードの唯一の楽しみは絵を描くことで、


家中の窓や壁に絵を描いていると、絵を描いて売って欲しいという人が現れ、


それはやがて、テレビの取材が来るほどになり、


そうなるとエベットもモードの絵を応援するようになり、そのうちふたりの間に本物の愛が生まれ・・・


ふたりだけで結婚式を挙げます。


このときのシーンが、その質素な結婚式と、そのあとのふたりが、それはそれは微笑ましく美しいのです(*´ー`)


リウマチの彼女を手押し車に乗せ、


海を眺めたりしてね(*´ω`*)


じつはモードはいままでに一度だけ子供を産んだことがありました。ですが、それは障害のある子供で、産まれてすぐに亡くなったと聞いていたのですが、叔母はモードにじつはその子には障害などなく、いまでもどこかで生きていると言いました。モードの兄が、裕福な夫婦に売ったというのです(lll ̄□ ̄)


その子供の居場所をエベットは探し出し、モードをそこに連れて行きました。家の外にはモードの娘と思われる女性がいて、モードはそれを遠くから眺め、そして・・・。


このあともモードの波乱に満ちた人生はつづきますし、エベットとのたしかな愛の足跡も残します。ぜひご覧ください(*´ー`)


実際のモード・ルイス。


彼女は画家として大成したあとも、電気もガスも水道もない4メートル四方の小さな小屋のような家にエベットと暮らしつづけました。モードが生涯大事にしたものとは、愛用していた椅子と絵筆と、そしてエベットとの愛だけで、それ以外のものは彼女にとって重要ではなかったのです。


金や地位や名声など、取るに足らないものです。そんなものに拘泥すれば、本当に大事なものを見失うに違いありません。モードの絵が人々に愛されるのは、その絵には何の打算もなく、ただただ純粋であるからだと思います。純粋・・・そうありたいですよね(*´ω`*)