『奇跡のシンフォニー』2017年06月28日 12:35

本日の日替わり料理を、3品ほどご紹介します。


    冷製ラタトゥイユ 250円


    なすピーマン焼き 230円


   コーンとパセリの
    ハニーマスタードサラダ 200円


さ、ここからは雑談です。

いつもながら、長めの雑談です(笑)

昨日、ネットの動画配信で、なかなかステキな映画を観ました。

その映画は・・・


  『奇跡のシンフォニー』です。


この写真の少年(役名:エヴァン)は、孤児院で暮しています。

いつか両親が迎えに来ると信じていましたが、11歳になったいまも両親は迎えに来ません。

それには理由があります。

母親は新進チェリストのライラ、父親はロック・ミュージシャンのルイスなのですが、

このふたりは運命的な出会いで恋に落ち、そしてライラは妊娠します。

ですが、ふたりは娘のチェリストとしての将来を案じた父親によって引き離されたうえに、

ライラが体調を崩して意識を失ったときに、じつはそのときに子供をお腹から取り出していたのですが、父親は死産したと嘘を告げ、こっそりとその赤ん坊を孤児院に預けてしまうのです。

だから、エヴァンの両親は自分たちの子供がいまも生きていることも知らなければ、そもそもこのふたりも離れ離れで、おたがいにいまは居場所もわからない状態なのでした。

説明が長くなるのではしょりますが、

両親が音楽家だからなのか、エヴァンくんは天才的な音楽の才能を持っていました。

耳に入ってくるすべての音という音が、まるでメロディのように聞こえ、それを頭の中で素晴らしい音楽に構築することができるうえに、練習もしていないのに、ギターやオルガンを、信じられないほど感動的に演奏することができるのです。

両親に再会するためには、自分が音楽家として有名になるしかない・・・

そう信じ、音楽をつづけるエヴァンくん。

父親から事の真相を告げられ、必死になって息子を探す母親のライラ。

ライラのことが忘れられず、ライラを追って奔走するルイス。

果たしてこの3人の運命の道が、一箇所で交差するときが来るのかどうか・・・。

鳥肌ものなのは、エヴァンくんがギターやオルガンに出会い、それを
天才的に奏でるシーンです。

そんなことありえないわぁ・・・とか思わずに観ることが大前提なのですが、

ぼくは鳥肌が立ちました。

路上でギターを弾いていたエヴァンくんと、その少年が自分の息子だとは知らずに遭遇したルイスが、


      即興でセッションして


心を通わせるところも、鳥肌が立ちました。

そして、

ライラ役のケリー・ラッセルの、


  美しさにも鳥肌が(*´ω`*)


この3人の運命にかけて言うのは多少強引なのですが、

最近ぼくは《運命》というものについて思うことがよくあります。

自身の境遇や、人との出会いと別れ、そのすべてに偶然はなく、そこには必然的な運命が介在していると、事あるごとに感じるのです。

昨日の定休日に、ぼくは最近知り合ったお客さん(Yさん)が働くヘアカラーのお店で髪を染め、そしてもう10数年のお付き合いをしているお客さん(Aさん)と、ふたりでお酒を飲みました。

飲んだお店では、最近仲良くしてもらっているお客さん(Sくん)がバイトをしています。

Aさんは当店の近所にアパートを借りて暮していますが、結婚をし、来月には越してしまいます。

二度と会えないわけではありませんが、いままでのように頻繁には顔を見れなくなります。

とてつもなくさびしいですが、これも運命なのだろうと思います。

運命というものは、導かれるものなのか、切りひらくものなのか・・・

ぼくはその両方だと思います。

切りひらこうとすることで導かれるのが、自身の《運命》なのだと思います。

だから、

切りひらこうとして行動した結果という《運命》は、納得がいかなくても受け入れなくてはならないのだと、

ぼくは自身に言い聞かせるのですが、

未熟者のぼくには、それがなかなか難しくて、

ときには嬉しく、

ときには悲しく、

ときには切なく、

ときには・・・

なんて、

いろいろ思うことが多い最近なのです(*´ー`)

アナタがこのHP&ブログを覗いたのも、そして咲々餃子にご来店したのも、

もしかしたら、

ちょっとした《運命》の一端なのかもしれないし、

ぼくもそれを肝に銘じて、調理&接客に励みたいと思いますので、

今後とも咲々餃子をよろしくお願いしますm(_ _)m

『リトリップ』で紹介されています♪2017年06月25日 12:37

初来店してくれたお客さんのまみおちゃんが、

「『リトリップ』で紹介されてたの見て来たんですよ」

そう教えてくれたんですけど、

〈え? 『リトリップ』? なんだ、それ? ストリップならわかるんだけど・・・?(@_@)

ぼくは、頭の中でそう思いつつも、まみおちゃんに、

「何ですか? それ?」

と聞きました。すると、

『リトリップ』というグルメサイトの餃子特集の、


《東京に負けない!
 埼玉に行ってまで食べたい「絶品餃子」10選》


というのに、当店(咲々餃子)が載っているというのです。

「絶品餃子」・・・いい響きです(笑)

来年の書初めの4文字熟語は、「絶品餃子」で決まりだな。そう思いました(*´∀`*)


       こんな感じでね(笑)


『リトリップ』のサイトの目次には、


   7番目に当店の店名が!\(◎o◎)/


急いで画面をスクロールさせると、


     オオオーッ!ヽ(=´▽`=)ノ


詳しい紹介文は、ぜひこのサイトをアクセスしてご覧になってください♪

最後に当店の絶品餃子(笑)の写真を載せておきまーす(^_-)-☆


 手前が《肉餃子》、奥が《サクサク餃子》です。

『もう一度君に、プロポーズ』2017年06月24日 15:27

本日の日替わり料理は、那須高原のほうれん草を使った・・・


 バターとにんにくのほうれん草炒め 200円


それに、ここ数日、お休みしていた・・・


    ゴーヤチャンプル 500円


のご提供も、再開いたしますので~(^o^)/


さ、ここからは雑談です。

数日間をかけて、ネットの配信動画で、2012年にTBSで放送されていた『もう一度君に、プロポーズ』というドラマを観ました。

ぼくはこう見えてね、

けっこうロマンチストなんですよ(*^_^*)

タイトルからして何かロマンチックなことが起きそうだし、なにより、このドラマにはぼくが大好きな・・・


  倉科カナちゃんが出演しているので、


ちょっと観てみたくなったのですけど、放送当時は視聴率こそ1桁台とふるわなかったようですが、内容はけっこう良かったので、ご紹介したいと思います。




主演は倉科カナちゃんではなく、竹野内豊(役名:波留)さんと和久井映美(役名:可南子)さんです。

このふたりは夫婦の役なのですが、可南子は突然くも膜下出血に倒れ、手術は無事成功するのですけど、夫と知り合ってからの5年間の記憶を丸々失ってしまいます。

結婚していたどころか、夫の存在自体知らないのですから、元通りに夫婦生活を・・・とはできず、可南子はそばにある実家に戻ることにします。

夫の波留は、ちょっとずつ記憶が戻ってくることを信じながら、あせらず、やさしく、鷹揚に妻の可南子に接しますが、可南子はいつまでたっても心を開きません。

「あなたを好きだったという気持ちが、まったく思い出せないんです」

だから、たぶん元通りにはなれないと、可南子は言います。

夫婦だったころのふたりの関係は良好でした。というのも、波留(竹野内豊)は見てのとおりのイケメンですし、やさしくて、非のうちどころがない人物なのですから。

ただ、

波留が可南子より仕事を優先しすぎていたり、子供が欲しいと思っていた可南子とは違って、まだふたりだけでいいと考えていたのが、可南子にとって、自分が思っているよりも大きな心の傷だったらしいことが、波留が見つけた可南子の日記から後々わかります。

波留はまた夫婦に戻ろうといろいろ努力するのですが、可南子はかたくなに心を開きません。

で、可南子のためにもそうした方がいいのかもと思い、波留が離婚を申し出ると、可南子はわりとすぐに、

「わかりました。私もそうした方がいいと思います」

と答えます(lll ̄□ ̄)

ぼくはね、若かりし頃の和久井映美さんが好きだった時期があり、その演技力も含めて、いまでもけっこう好きで、倉科カナちゃんと和久井映美さんが出演しているという、合わせて1本的なところから、

〈じゃあこのドラマ観てみようかな〉

と思ったというのに、可南子がいっこうに波留に歩み寄る気配を見せないので、ちょっと和久井映美さんがきらいになりそうになりました( ̄へ ̄井)

「おいおいドラマとリアルをごっちゃにしちゃダメだよ(^^;)」(←アナタのご指摘)

で、このあとどうなるかというと・・・

ドラマのタイトルからなんとなくわかるでしょ(*´ω`*)

このドラマでは波留と可南子だけではなく、波留に想いを寄せる職場の後輩の倉科カナちゃんや、可南子の弟くんとその彼女の恋愛模様も描かれており、それぞれが思うようにならず、切なさが募る展開だらけです。

ちなみに、このドラマをきっかけに竹野内豊(あえて、呼び捨てです 笑)と倉科カナちゃんは交際を始めていますヽ(#`Д´#)ノ

しかも、事実かどうかはわかりませんが、

かつて竹野内豊(また呼び捨てです 怒)と和久井映美さんは、交際の噂がありました。

なんだよ竹野内豊! モテすぎだろっ! おいしいとこ、全部持って行きやがって!

・・・とは思うのですが、ドラマの中の波留が本当にいいやつで、ちょっとかわいそうで、

最終回見終ったときには、ぼくは竹野内豊さんが好きになっていました(*´ω`*)

だから・・・

和久井映美さんと交際していたことも、倉科カナちゃんと交際していることも、容認します!

「マスターに竹野内豊さんの恋愛を容認する権利とかないから!(-_-;)」(←アナタの呆れ顔)

野菜の揚げ浸し2017年06月23日 15:52

本日の日替わり料理は、素揚げした、にんじん、ピーマン、パプリカ、いんげん、かぼちゃを、だし醤油に浸した・・・


      野菜の揚げ浸しです(^-^)


      1人前はこんな感じ。
     野菜の揚げ浸し 230円


やっぱり、野菜食べないとね(^_-)-☆


え~

だんだんと蒸し暑くなり、

どこか美しい海に囲まれた南の島にでも行きたいな・・・

なんて思ってしまうのですが、

この↓映画のように、自分の意思とは相反して南の島(無人島)に漂着すると、南の島にでも行きたいな・・・などとは二度と思わなくなってしまうでしょう。


 トム・ハンクス主演の『キャスト・アウェイ』


けっこうヒットした映画なので、観た方も多いでしょうし、観てなくてもどんな映画かは知っている人が多いと思います。

簡単に、本当に簡単にあらすじを言いますと、

宅配業者の『FedEx』でシステム・エンジニアをしていて、常に時間を気にしては世界中を忙しく飛び回っているチャック(トム・ハンクス)が、飛行機事故で自分だけが生き残って無人島に漂着し、4年後にその島から自力で脱出するという・・・

現代版のロビンソン・クルーソーな話です。

これだけで、なんとなく想像つくでしょ。無人島での孤独や絶望と闘いながら、でもそれに打ち勝って助かる的な・・・って。

ぼくもそう思って、いままでずっと気になってはいたものの、観なかったんです。観終わったときに、

〈やっぱりこんな感じだったか・・・〉

となったら、なんかつまんないな。そう思っていたのです。

ですが、違いました。

チャックは無人島での孤独に耐えるために、自分といっしょに漂着したバレーボールに、


      自分の血で顔を書いて、


この友達をウィルソンと名付けます。なぜ、ウィルソンかというと、このバレーボールのメーカーがWilsonだからです(笑)

チャックは懐中時計にはめてあった恋人のケリーの写真を毎日眺め、いまや唯一の友人であるこのウィルソンに話しかけては、4年間という孤独な日々を無人島で過ごします。

その4年間の歳月で、


    《漂着直後》    《4年後》
    チャックはこんなふうに変貌し、


ウィルソンもこうなります。


漂着から4年後に、チャックは自力で島を脱出することを決意します。いかだを組み、ウィルソンを連れて、海に出るのです。

ですが、荒波のせいで、ウィルソンがいかだから落ちてしまい、


チャックは必死でウィルソンを取りに行こうとするのですが、


ウィルソンを取りに行けば、いかだにはもう戻れない状況になり、いかだに戻れないということは死を意味しており、チャックは苦渋の末、ウィルソンを取りに行くことをあきらめるのですが、

溺れかけながらもなんとかいかだに戻ったチャックは、いかだの上で大の字になり、大声で、まるで本当の人間の親友を失ったかのごとく泣くのです。

「Sorry! I'm sorry! Please, forgive me! (ごめんよ! 許してくれ!)」

言っちゃえばね、ただのバレーボールが流れていっただけなんですよ。

無人島での4年間でも、当たり前ですが、ウィルソンが話しかけてきたことも、微笑んでくれることもなかったんです。

でもね、チャックにしてみれば、ただのバレーボールではなかったんです。そして、映画を観ている者にとっても、このときのウィルソンはバレーボールというただの遊具ではなく、まぎれもなく生き物になっており、

泣きましたね。チャックといっしょに(ノдヽ)

バレーボール相手に泣いたのは、人生初でした(*´Д`*)

そしてチャックは貨物船に救出されます。

こういう映画だと、たいていここで映画は終わりますが、この映画はここからまだドラマがあります。

恋人のケリーはチャックをたしかに愛してはいたのですが・・・

4年たってみると、違う人と結婚しており、しかも子供もいて、しあわせに暮していました(lll ̄□ ̄)

死んでしまったと思っていたチャックが戻ってきて、喜びよりも動揺をあらわにするケリー。

4年間、毎日恋人のケリーの写真を眺め、いつか生きて戻ってケリーに会うことだけを夢見ては、過酷で孤独な日々に耐えていたチャックにとって、この出来事はあまりに残酷すぎます(>_<)

ふたりが再会するシーンは必見です。

ケリーも、ケリーの旦那さんも、もちろんチャックも、だれも悪くはないのです。

ただ、

ただ、

現実は残酷で、

そしてせつないのです(T_T)

このあと、どうなるか、ドラマはケリーとの再会で終わりではありません。

チャックは時間に縛られ、あくせくして生きていた自分の人生のむなしさを、無人島での4年間で痛切に実感しており、

映画のラストで、今後の自分の人生の岐路(映画を観ればわかりますが、まさに《岐路》)に立ちます。

そこでチャックは、本人にしてみればそうではないのでしょうが、はたから見れば茫然と立ち尽くしてしまいます。

そんなチャックに、通りがかりのピックアップトラックに乗った女性が車を止め、

「You got lost? (迷ったの?)」

と聞いてきます。

さて、

チャックはどうするのか・・・。

映画全編そうなのですが、このときのトム・ハンクスの演技が秀逸です。

とにかく観てください。

観る価値はあります。

観たらアナタも、自分が大切にしている無機質な何かに名前をつけて、話しかけてしまうかもしれませんよ(笑)

とりあえず、ぼくは、

お店に置いてあるこの、


    《WELCOME》の木彫りのゾウを、


「今日もいっしょにがんばろうぜ、な、『木彫りのゾウ』♪」

って、話しかけることにします。

「パオーン!(こらーっ!)

 パオパオパオーン!(なんだよ、『木彫りのゾウ』って!)

 パオンパオパオ(せめて『ウエルカム』とか)

 パパオンパオーン(じゃなかったら『エレファント』とか)

 パオンパオオーン!(なんかもっといい名前つけろよ!)


・・・このように、

『木彫りのゾウ』が申しております(*´艸`*)

「パオン、パパオンオーン(だから、『木彫りのゾウ』って呼ぶなって!ヽ(#`Д´#)ノ

なすとえのきの南蛮和え2017年06月22日 15:36

本日の日替わり料理です。


  なすとえのきの南蛮和え 200円


南蛮なので、お酢が使ってあります。やっぱり暑いときにはお酢です(^_-)-☆


暑い・・・いま、熱いのは、


      藤井聡太四段ですよね。


棋士の藤井聡太四段が、デビュー以来の連続勝利数を28とし、とうとう歴代1位タイとなりました。

藤井聡太くんは14歳とは思えないその風貌、所作、言動などでも、注目されています。

「望外の結果」とか、「僥倖(ぎょうこう)としか言いようがない」なんてことを、サラリと言ってのけます(@_@;)

《望外》はともかく、《僥倖》は小説や新聞でしか、その言葉を使っているのを見たことがありません。

流行っちゃうかも・・・

ってか、

もう流行ってんのかも、です。

僥倖》とは、めったにない幸せ、のことです。

小学生が通学途中に、

「昨日のテスト100点取っちゃったよ!」

「すげえ! それは僥倖だなぁ!」

・・・なんて言ったりしてね(笑)

昔、仕事仲間が《無尽蔵》という言葉を知らず、それが、いくら取ってもなくならないぐらいたくさんの意だと知るやいなや、それからというもの、

「あ~あ、無尽蔵に金欲しいなぁ」とか、

「そこの店のラーメンの量が無尽蔵なんだよ」なんてぐあいに、

やたらと《無尽蔵》を連発し、仲間から《無尽蔵》というあだ名をつけられていたのを、

藤井聡太くんのこの僥倖》発言で思い出しました(*´ω`*)

さ、

藤井聡太くん、

29連勝に向けて、勇往邁進(ゆうおうまいしん)だ!

「無理して難しい言葉使ってるんじゃないよっ!ヽ(*´Д`*)ノ」(←アナタのツッコミ)