『ブラックペアン』2018年04月26日 12:34

いつものように本日の日替わり料理をご紹介します。

まずは前回初登場で人気だった・・・


  大根とひき肉の八丁味噌炒め 230円


それと、じわじわとリピーターが増えている・・・


 かぶと春キャベツのあっさり漬け 200円


あともう1品、だしにつけたえのきだけの・・・


  味付けシャキシャキえのき 150円


ってことで、

今日のブログタイトルの・・・


   ドラマ『ブラックペアン』なのですが、


         相関図 
 

まだ第1話しか放送されていませんが、もうすでにおもしろかったし、これからもますますおもしろくなりそうな予感がぷんぷんしてました。

手術のシーンが多く、権力争いや、何やら因縁めいた空気など、どろどろと重々しい雰囲気のなか、

まだ未熟で、ほとんど使い物にはならないけれども、人間味にあふれていて、情熱と正義と愛にまみれた、研修医の世良役の竹内くんが、涙を誘う担当をひとりで引き受けており、

やっぱり旬で人気のある俳優さんは、好感度の上がるいい役をもらうなぁ・・・と思いました(*´ー`)

ただ、

第1話で気になったのは、世良が医師になって最初に担当を任される・・・


      この女性の患者さんが


あまりに・・・


    サモハン・キンポーに


似すぎていて、そっちに気を取られてしまいました(笑)

ところで、

ドラマタイトルの『ブラックペアン』のペアンとは、止血用鉗子(かんし)のことで、本来は銀色のものなのですが、神の手を持つと言われる佐伯教授(内野さん)が手術の仕上げにだけ、


      この黒いペアンを使い、


それは手術の成功を意味するという設定になっており、さらに、じつはもっと深い謎めいた秘密も隠されている・・・らしいのですが、

ぼくが餃子を焼くときに使う、


    この餃子用の小手には、


別段、何の意味も秘密も隠されてはいませんので、あしからず(*´艸`*)

ああ、

『ブラックペアン』の次回が楽しみですo(^o^)o

豚塩カルビにんにくの芽炒め2018年04月25日 12:22

今日はスタミナがつく料理を用意してあります。


  豚塩カルビにんにくの芽炒め 550円


あと、もう1品ご用意しました。


    ふきと薄揚げの煮物 200円



昨日は、定休日でした。

サクサク家では夕飯に家族でたこ焼きパーティをしました。

そのときに、4月から社会人となった娘が、

「この前、初めての給料が出たから・・・」

そう言って、ぼくにプレゼントをくれました。


       靴下と、タオル。


娘が初任給で買ってくれたプレゼント・・・。

とてもうれしかったです。

本当なら、これは使わずにずっとずっと大事に飾っておきたい気分ですが、そうされても娘としてはうれしくないでしょうから、靴下もタオルも、擦り切れるまでずっとずっと使おうと思います(*´ー`)

で、

プレゼントで思い出すのは、ぼくの場合・・・


 JITTERIN' JINNの『プレゼント』


なんですけど、

この歌は彼女が彼氏からもらったプレゼントを列挙しているだけの歌で、


   キリンが逆立ちしているピアスや、


フラッグチェックのハンチングや、


ユニオンジャックのランニングや、



   オレンジ色のハイヒールや、


この他にも、かなり多くの個性的で凝ったプレゼントを彼氏は彼女に贈っていて、

この彼女めっちゃ愛されてるなぁ・・・と思っていたら、

歌のサビでは、

♪大好きだったけど 彼女がいたなんて~♪

・・・ってことは、

浮気されたのでもなく、なんならアナタ《彼女》でもないじゃん(lll ̄□ ̄)

この歌からわかることは、

この歌のようにいろんなプレゼントをくれたり、

いろんなおいしいものを食べに連れて行ってくれたり、

いろんなデートプランを考えたりしてくれるような、

そんなマメな男はモテるから、

浮気もするだろうし、この歌の彼女のようにアナタが浮気相手かもしれませんので、

彼氏にするなら、

モテない男にした方が賢明ですよ、ってことです( ̄ー ̄)b

以上をもちまして、全国モテない連盟の会長のぼくからの言葉とさせていただきます(^_^)/~~~

5種薬味やっこ2018年04月22日 11:34

この時期から夏が終わるまでの、当店の季節定番メニューの・・・


    5種薬味やっこ 230円
 

を、今日から販売いたします! \(^o^)/

冷やっこの上にのっかるのは、メインのみょうが、大葉、万能ねぎ、しょうが、かいわれの、5種のきざみ薬味たちです♪

この5種類の薬味のさわやかさが絶妙で、冷やっこもろとも口の中に入れると、「口の中が薬味の宝石箱や~!」ってなります(笑)

自分でこの5種の薬味を用意するのはめんどうでしょ? だから、当店に食べにいらしてください(^_-)-☆


さ、

前回につづき、駄菓子に関するお話を少々。

誰もが知っていて、広く流通している駄菓子と言えば・・・


     うまい棒ですよね(^o^)


うまい棒は1979年7月から発売されているそうです。

うまい棒のキャラクターと言えば、パッケージに描かれているややドラえもんに似た、その名も・・・

うまえもん!

見た目だけじゃなく、名前まで似ちゃってるし・・・(^_^;)

のび太くんのパートナーがドラえもんじゃなく、このうまえもんだったら・・・


    こんなことになります(*´艸`*)


のび太くんがどんな相談をしても、

  
    いっぱいあるうまい棒の中から、


どれかの味をチョイスして渡すだけ(ノ´Д`)

じつはこのうまえもんには妹がいます。

ってことは、

きっとドラミちゃんに似た感じのキャラクターなんだろうな、と思っていたら、じつは・・・


 妹はこんな萌えキャラで、名前はうまみちゃん。


         実写版?


客層を広げたいというメーカーの思惑がちらつきますが(笑)、

ぼくはうまい棒好きなので、このムリがありすぎる設定をポジティブに受け止めます(^з^)-☆

あ~、

うまい棒の餃子味がでないかなぁ・・・(*´ω`*)

春野菜のセイロ蒸し2018年04月20日 12:48

今日の日替わり料理は、初登場のこれ↓です。


   春野菜のセイロ蒸し 300円


あと、今日もこれ↓やってますので。


 塩キノコと鶏肉のごまドレサラダ 230円



ここからはドラマを紹介します。

2016年のテレビドラマで・・・


       『おかしの家』


というのがやっていたのですが、これが最高におもしろかったので、紹介します。

東京の下町の片隅にひっそりと存在する駄菓子屋『さくらや』。


  この通り。THE昭和!


       『さくらや』店内


祖父が経営していた昔は、子供であふれかえっていたのだけれど、いまはほとんどお客は来ず、月の利益が2万円ぐらいしかない有様(>_<)

孫の太郎(オダギリジョー)は、両親を早くに亡くしており、いまは唯一の肉親となった祖母(八千草薫)のためにも、祖父との思い出がつまったこの駄菓子屋をつぶすまいとして経営しているのですが、

これといってとくには経営努力もしておらず、毎日、


店の裏庭で常連さんとだべっています(^_^;)


  無職の幼なじみも毎日やって来ます。


毎回、いろんなしみじみしたことや、笑える出来事、悲しい出来事などが起こります。

ノスタルジックであり、いいおっさんになった自分が見たら、共感できることがたくさんあるいいドラマでした。

ネタバレになってしまうのですが、

最終的には↑の幼なじみも、主人公の太郎も、経済的な成功者になりますが、仕事に忙殺され、いつのまにか常識にしばられ、だけどもそれを放棄して昔のような貧乏で自由だった生活に戻ることもできず、

だけど、

だけど、

思うのです。

あの頃は良かったなぁ・・・って。

大阪に住んでいたぼくの少年時代にも、このさくらやとまんま同じような駄菓子屋が近所にあり、ぼくは毎日、そこで10円~50円ぐらいを使いに通っていました。

その店は『ジュンの店』という駄菓子屋で、化粧の濃い、ふくよかな30代ぐらいの人がやっており、

ぼくはそのおそらくジュンさんを、《おばちゃん》と呼んでいましたし、他のみんなもそう呼んでいました。

あるとき、ぼくは店が小学生6、7人であふれているときに、《おばちゃん》と呼ぶのを言い間違え、こう言ってしまいました。

おかあちゃん、これちょうだい!」

すると、まわりにいた小学生たちが、ぼくを

「おかあちゃんやて。アハハハハ」

そう言って、みんなで笑ってぼくを揶揄(やゆ)したので、ぼくが顔を真っ赤にして黙っていると、ジュンさんが真剣な顔で、声高に、

「何がおかしいんや! 私はみんなのおかあちゃんみたいなもんや。そういう気持ちで、この店やってんのや。笑いな(笑うな)!」

そう言い放ったのです。

そのジュンさんの真剣な気配に気圧され、みんなは笑うのをやめて黙りました。

すると、ジュンさんは何事もなかったかのように、ぼくに、

「これやな。はい。20円やで」

母親のように、やさしく言ったのでした。

物心がついてからずっと通っていたその駄菓子屋は、ぼくが小学5年生でその土地を引っ越したせいで、行くこともなくなりました。

それから12年後、ぼくは大阪のその場所を訪れてみたのですが、そこにはもう『ジュンの店』はありませんでした。

でも、

『ジュンの店』に毎日通った思い出や、あのときの《おかあちゃん事件》(ぼくはそう呼んでいます 笑)は、ぼくのノスタルジック・メモリーとして、いつまでも消えることなく、ぼくの心に色濃く存在しつづけています(*´ー`)

ちょっと長くなってしまったので、次回のブログでも駄菓子のことについて、ちょっと触れたいと思いますが、

今回はひとまずこのへんで(^_^)/~~~

大根とひき肉の八丁味噌炒め2018年04月19日 14:57

本日の日替わり料理は・・・


  大根とひき肉の八丁味噌炒め 230円


八丁味噌の他に豆板醤を使っているので、ちょっとだけピリ辛です。

それと、


 塩キノコと鶏肉のごまドレサラダ 230円


塩漬けしたキノコがいいアクセントになっている1品です。



今日は英語のお話を少しだけ(●^o^●)

新聞の英会話欄で読んだのですが、アメリカではこういう看板をよく目にするそうです。


                       《smoke free》


《smoke》とは煙草のことです。なので、《smoke free》なら《自由に煙草を吸ってもいい場所》なのかと思いきや、実際は、


 煙草を吸ってはいけない場所を意味しています。


日本でも《アルコール・フリー》はアルコールの入ってないことだし、《ストレス・フリー》はストレスがないことを意味しているので、

〈ああ、そういう意味合いかぁ・・・〉

と合点がいったのですが、


 これは無料Wi-Fiのことだし、


なんか《free》の使い方ってややこしいなぁと思います。

煙草を吸ってはいけないんだったら、


    この《No smoking》で


統一してしまえばわかりやすい気がするのですが、

アメリカでは《smoke free》と《No smoking》は明確に使い分けられているそうで、

店や施設の入り口に《smoke free》という表示があれば、そこは完全禁煙を意味しており、

《No smoking》は店や施設の禁煙エリアに表示するものだそうです。

ちなみに、

《Love free》は《恋愛をしてはいけない場所》・・・ではなく、《自由恋愛主義》のことです(*´艸`*)

英語ってムズカシイですね(*´ー`)